TOP > リクルート・採用情報 > 人材育成 
【自創経営】
当社では部門経営者の育成に力を入れています。部門経営者になるための制度を"自創経営"と言います。自らの主体性を築き上げ、自らが創り上げていく目標管理制度と習慣作りです。

< 主な考え方 >

人は人によって動かされない、人は人によって使われない、人は人によって変らない、人は本人の意志のみで動く』、つまり本人にやろうという意志がない限り何も変りません。『自らが計画を立てチェックし改善しその目標の達成に責任を持つ』ことで、任すから任せるに足りる人、つまり部門経営者になることができます。仕事は段取りがすべてで、意味がわかってもやり方がわからなければ計画は立てられません。計画を立てる際は『目的・内容・出来ばえ・なんぼで・何日で』と計画を明確にすることで行動目標がしっかりとし、日々、週、月でチェックしながら目標を責任持って完遂していくことができます。チェックすることで段取りや計画のまずさが判り、変化させて目標達成につながります。

< 主な進め方 >

(1) 一人一人が"チャレンジシート"という用紙に年間目標を立てます。各部門の目標を達成させるために自分が何をやるべきかを考え、上司と相談しながら作成します。
(2) その目標を達成させるために"ランクアップノート"というノートに、月間、週間、日々とやるべきことを落とし込んでいきます。単なる日記帳ではなく、手際よく仕事をすすめるための段取りノートです。
(3) 自らが育つために計画、実行、反省をします。上司との対話をすることが大切です。(成長対話)
(4) 年2回(上半期、年度末)、チャレンジシートの目標に対する結果と、次なる手だてを計画します。ここでも上司との対話によって、今後のやり方や目標を明確にすることができます。

自創経営詳細

【ジェフサカレッジ】

本人の自主性に任せ、自己の能力向上を目的として通信教育制度を設けています。階層別分野、財務会計分野、IT・パソコン分野、営業サービス分野など、個人のレベルや希望に合ったコースを選択できます。なお、期間内に修了すると受講料の一部が補助されます。

< 主なコース >
  新入社員のための仕事の基本コース
  新入・新任のための営業の基本コース
  食品の安全対策講座
  図解で学ぶマーケティング入門コース
  新人育成基本コース

【OJT教育】

若手社員(新入社員から入社3年目まで)に対し、配属部門の先輩社員からOJT担当者を選任し、マンツーマンで若手社員を日々指導しています。指導については「育成計画書」を若手社員それぞれに合わせて作成し、段階的にステップアップできるように支援しています。